陰部の臭いに市販の石鹸がいい!

陰部の臭いには市販の石鹸を試してみましょう。
市販の石鹸といっても使う場所が、”陰部”ですのでトラブルでも起こったら大変です。ですから、しっかりした石鹸選びが必要となります。

 

 

じゃあ、どんな石鹸なら大丈夫なの?

デリケートゾーン専用の石鹸がおすすめです。
陰部はショーツについた汗やオリモノ、雑菌など自分で想像している以上にばい菌などが存在します。
だからといってゴシゴシこするとか、洗浄力の強い石鹸で洗うなどとなると、大事な成分まで根こそぎ取ってしまいます。清潔にするどころかトラブルの原因となってしまいますので、がおすすめなのです。

 

ちなみに海外女性は陰部を含めたデリケートゾーンの手入れを怠りません。
アンダーヘアの手入れから陰部の臭い対策、オリモノのケアなどしています。先進国でアンダーヘアがボウボウなのは日本人女性くらいだといいます。ヘアーがあると臭いがヘアについてしまう場合もありますし不衛生だと言います。

 

VIO脱毛は個々の考え方があるでしょうがせめて陰部の臭い対策くらいはしておきたいですよね。臭い対策しておくことでもしもの時に慌てることもありませんし、自分に自信が持てますからおすすめです。陰部の臭いように市販石鹸を使うことで簡単にケア出来ます。

 

陰部の臭いにおすすめしたい市販の石鹸

 

イビサソープの特徴

  • 効果効能が認められた医薬部外品
  • 自然由来のジャムウ成分配合
  • ポンプ式で使いやすい
  • 美白ケアもできる美容成分を配合
  • 無添加だからデリケートゾーンにも安心して使える
  • 女性特有の臭い対策におすすめ

価格 5,800円
評価 評価5
備考 集中コース 3,970円
 

アンボーテの特徴

  • 日本で初めてコスモス認証の基準をクリア
  • デリケートゾーン用保湿美容ソープ
  • 子どもでも使えるオーガニック成分にこだわった商品
  • 化粧水に配合されている"ダマスクローズ水"を高配合
  • 楽天フランス・アメリカで大人気のソープ

価格 6,980円
評価 評価5
備考 定期購入 3,980円
 

ドルチェローズ ジャウム 泡ウォッシュの特徴

  • ニオイケアににカキタンニンや茶エキスなどの植物由来成分を配合
  • 美容オイルに使われるローズヒップ、ホホバなどのオイルを配合
  • 泡の出るポンプだから使いやすい
  • すっきりした香りで清潔感もUP

価格 1,998円
評価 評価5
備考 定期購入 1,400円
 

デリケートウォッシュオイルの特徴

  • 陰部を石鹸ではなくオイルで洗う新しいタイプの商品
  • 一本で2か月使えるコスパの良さ
  • 女性らしい香りが長く続く
  • 日本人女性の肌に合わせてつくった製品
  • 純国産・無農薬の洗浄成分配合

価格 3,500円
評価 評価5
備考
 

インティマの特徴

  • デリケートゾーンのpH値に合わせた弱酸性
  • 肌本来の浄化作用を損なわず清潔になるよう促す
  • ジェル状が好きな人に人気
  • 泡パックではなく陰部を洗う商品
  • 香りがよく爽快感がある

価格 1,200円
評価 評価5
備考 限定価格 750円

私が愛用しているのはイビサソープ

私が今、愛用しているのはイビサソープです。

 

最初に使用したのが実は石鹸ではなくデオドラントでした。
シューとスプレーして臭いを消すタイプの商品ですが、色々調べて行くうちに、デリケートゾーン専用の石鹸があり、ケアしたほうが断然いいと思い同シリーズのイビサソープを使いました。イビサソープ以外に、固形石鹸も使いましたが泡が出るポンプ式の方が使いやすく衛生的だと思い今はイビサを愛用しています。特にイビサには悪い点もありませんが,、別の商品も試してみようかな〜とは思います。

 

数種類の商品を試して使いやすさなども比較できるといいですよね。

 

イビサソープのQ&A

他の部位に使ってもいいの?

デリケートゾーン以外のワキ、バストトップ、足、お尻、耳の裏など臭いが気になる箇所にも使うことが出来ます。

 

 

返金保証に関して知りたい

イビサソープを使用して万が一お肌にあわなかった場合、商品現品、お支払明細書をお持ちいただき28日以内に電話し返金となります。購入後、しばらくは支払い明細は保管しておきましょう。
※ただしキャンペーン分の送料、手数料、事務手数料は差し引き

集中ケアコースの縛りに関して知りたい

集中ケアコースは効果を実感するために、最低2回(2ヶ月)以上のご継続が約束となります。
3回目以降からはいつでも周期変更、一時停止、解約、再開の手続きが可能です。2本は購入する必要がありますので、勝手に2本目が届いたということのないよう確認しておきましょう。

イビサソープの全成分

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノール
その他の成分:精製水、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、N−ヤシ油脂肪酸アシル−L−グルタミン酸トリエタノールアミン液、ソルビット液、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、マルチトール液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、1,2−ペンタンジオール、L−アルギニン、フェノキシエタノール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、天然ビタミンE、1,3−ブチレングリコール、テトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、ハチミツ、リン酸L−アスコルビルマグネシウム、ビタミンA油、エタノール、チャエキス(1)、セイヨウハッカエキス、オトギリソウエキス、L−アスコルビン酸 2−グルコシド、オウバクエキス、オウレンエキス、トウモロコシ油、香料

 

陰部の臭いの原因

陰部の臭いが・・・ってことは女性なら何度か経験ありですよね。
臭いの原因はいくつかありますので紹介します。

 

恥垢(ちこう)

恥垢とは、おりものや皮脂、尿が溜まって混ざり合う事でできるいわゆるマンカスのことです。特に臭いの強い汚れの塊となります。色は白っぽい粘土のような塊となります。大抵の人はマンカスがショーツについていたらトイレットペーパーで拭き落そうとしますが、ネバネバしていてなかなか落としずらいです。もちろん恥垢を拭き取ったとしても臭いはなかなか消えないので、困りものです。同様の恥垢がIラインの周りにもついているので、陰部が臭いと感じる一番の原因となります。

 

おりもの

通常のおりものは酸っぱい臭いがします。ですが、いつもはそれほどおりものが出ることはないので凄く臭いとうワケではないです。ですが、生理前や生理後、体調不良の時、性病を患っているときなどに臭います。
通常の臭いが臭い場合にはデリケートゾーン専用のソープなどでケアしていくことになりますが、明らかに臭いが長く続くとか、オリモノがいつもと違う時などは婦人科に受診しましょう。オリモノは女性の健康のバロメーターでもありますので、どんなおりものがでているのか把握しておくといいですね。

 

汗は誰もがかきますが、サラサラした汗なら無臭です。ですが、運動不足でドロドロした汗だと特有の臭いがあります。この汗ですが、お下ももちろん汗をかきます。そして陰部の辺りはショーツやガードル、ストッキング、Gパンなどで常に蒸れている状態です。どんな汗であっても布などに沁みついて時間が経つと臭くなります。ですから夕方、帰宅する時間になるとちょっと臭うぞ==ということは誰でもあり得ます。これにその他の雑菌なども混ざり臭いと感じるようになります。

 

すそわきが

スソワキガだと汗が臭いです。ですから、ショーツにつき長く放置するとかではなく臭うと思います。すそわきがの原因の一つに肌の乾燥もありますので、デリケートゾーン専用のソープで毎日洗うことにより潤いがキープできます。もし、自分がスソワキガだと既に自覚しているのでしたら、美容成分を多く配合してあるソープでの洗浄がおすすめです。